地球温暖化対策・わたしたちにできること

世界中の”恵友学園サポーター”のみなさま、こんにちは!

夏らしい日々が続いていますね。みなさんどうですか、夏をエンジョイしてますか!
でもでもやっぱり冷房の効いた部屋でまったりとするのもいいですよね~。

おっとところがどっこい、待ってください!!

自分から言っといてなんですが、冷房の効かせすぎは健康にもいけませんが、地球環境にもよ

くないんですね。

近年、よくテレビや新聞で「地球温暖化」がどうの、「温暖化」がどうの、と言ったことを聞きますよね。

これは実は(知ってる方はよく知ってると思いますが)すごく大きな問題なんです。

f0058269_13341841.jpg

できるだけかんたんに言うと、

太陽から地球にやってくるエネルギー(熱)が地球をあたため、こんどはあたためられた地球からの熱が放出され、また宇宙空間に帰っていく仕組みになっているのが、

地球の表面を覆っている温室効果ガス(二酸化炭素などが中心)の量が増えすぎてしまうと、地球からの放射熱が宇宙空間に帰らず、地球上にとどまってしまい、

その結果地球上の平均気温が上昇してしまうということ、

→ これが「地球温暖化」なんですね。

つまり冷房を効かせすぎると、冷房を効かせる時に使われる電力を作るために燃料を燃やすのですが、

そのときに二酸化炭素が発生される(=温室効果ガスの発生)ので温暖化が加速されるんですね。

(うんと我流の説明なので、おかしいところがあったら、どなたかカキコミして指摘してください!!)

じゃあなぜ、地球の平均気温が上がってしまうと問題なのか?

→夏がもっと暑くなるじゃん!

f0058269_13344197.jpg

・・・もちろん単純にそれも大問題ですが(特に熱帯地域)、もっと言うと、気候の大変動が起こる結果、生態系が破壊されていってしまうのです。

たとえば今も温暖化により北極圏、南極圏の氷がどんどん溶けてきています。
それにより、ホッキョクグマやコウテイペンギンのすみかがどんどん減っていき、やがては絶滅してしまうことになります。

またそれだけの氷が溶けると、海面が上昇して海に沈む地域がどんどん出てきます。

昨日のフジテレビのNews JAPANによると、あと9年後の2016年には平均気温1.5度上昇して生態系が破壊されるそうです。
(2028年には(現在より?)2度上昇し、気候大変動が起こる見込みだそうです。)

これはNews JAPANの情報ではありませんが、2.4度上昇すると生物種の3分の1が絶滅すると言われています。

では海面が上昇すると、世界の海抜から低い地域はどうなってしまうのでしょうか・・・・。

(温暖化の影響についてくわしくは、例えば「不都合な真実」(映画・本)などをご覧になってみてください。)


みなさん、地球温暖化対策に残された期間はあと約10年だと言われています。
わたしたちにできることは何でしょうか?

わたしたち恵友学園でも少しでも環境・温暖化対策を、と思い少しずつ実行しています。(当たり前のことなので、誇れないですが)

・冷房は28度

・週1回のゴミ拾い(環境運動)

・わりばしをできるだけ使わない運動

・紙の再利用

・夏の水まき
(いわば打ち水。ビルメンテナンススタッフの方がやってくださっている。100万人が同じ時間に打ち水をすれば、東京の気温は2度下がるそうです!)


まだこんなところですが、でもこの大切な地球のために、恵友学園も一歩一歩これからも何かできればと思っております。f0058269_1335697.jpg


みなさんもぜひいっしょにこの地球を、そしてお互いを大切にしていきましょう!

WE LOVE THE EARTH! WE LOVE ONE ANOTHER!
[PR]
by keiyu_gakuen | 2007-08-03 13:37 | 環境問題・地球温暖化
<< キター!!!OB・OG交流会! OB・OG交流会のお知らせ >>